疾患やお悩みについて

MEDICAL

パーキンソン病について

パーキンソン病に対する理解が改善への第一歩

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質である「ドパミン」が減少することで、身体の動きに異常が起こる病気です。脳から全身の筋肉に送る運動の指令に関与しているドパミンが何らかの原因により十分に作られなくなり発症します。
主に高齢者に多くみられる病気ですが、若年で発症することもあります。症状が進行しやすい病気であるため、以前では発症から10年で寝たきりになると言われていましたが、近年では早期発見や適切なリハビリにより進行を遅らせ、不自由なく日常生活が送れるようになってきています。

パーキンソン病の代表的な症状は以下のようなものです。

  • 足がすくむ
  • 歩く速度が遅くなる
  • 歩幅が狭くなる
  • 姿勢が丸くなる
  • 腕の振り幅が狭くなる
  • 手足の細かい震え(振戦)
  • 手足の筋拘縮(関節が固くなりカクカクした抵抗を感じる)
  • 不安定な姿勢

このようにパーキンソン病では運動面での障害が現れます。この症状により転倒したり、日常生活が不自由になってしまうこともあります。進行性の病気ですが、だからこそ適切なリハビリが必要なのです。

パーキンソン病にリハビリが効果的な理由

パーキンソン病のに対する代表的な治療は以下の3つです。

  • 薬の服用などの内科的治療
  • 外科手術
  • リハビリによる機能改善、悪化予防、運動方法の再獲得

上記で説明したように、パーキンソン病は進行性の病気です。進行性の病気であるからこそリハビリにより症状を抑え、運動機能を維持していくことが重要なのです。
パーキンソン病の特徴的な動きは、運動や感覚を司るセンサーの鈍化により筋肉が硬くなり動かしにくくなることで起こっていると考えられています。そのため、さらに筋肉が硬化してしまうのを予防するためにリハビリを継続的に行うことが大切です。症状が進行すると十分な効果が得られなくなるため、早期の段階から国家資格を有するリハビリのプロのもとで適切なリハビリを受けることをお勧めします。

自費リハビリだからできるパーキンソン病の後遺症改善

パーキンソン病に対するリハビリでは、硬くなっている筋肉をしっかり緩めてからトレーニングを行うことが大切です。これにより神経伝達の速度を速め、運動がなめらかになるのです。そのためにはできる限りリハビリ回数を多くし、1回のリハビリ時間を十分に確保することが不可欠です。しかし、介護保険を利用した場合、リハビリができる時間が限られており、概ね1回20~40分程度しかないのです。このような短時間では筋肉を十分に緩めてトレーニングすることはできません。当施設では、リハビリの専門家がマンツーマンで90分間のリハビリを行います。時間が十分に取れるため、ご利用者様の状態に合わせて、

筋肉をしっかりと緩め、トレーニングにより強くすることが可能です。また、国家資格を持つリハビリのプロが状態に合わせた装具や杖の調整、生活上のお悩みも解決も行います。

パーキンソン病の方へ

当施設は「もっと思い通りに動きたい」「もっとリハビリをしたい」と思われる方の気持ちに応えるリハビリを提供します。
いまのリハビリに効果が感じられず「進行性の病気だから」と諦め悩んでいらっしゃる方も、まずはご相談ください。一緒に改善していきましょう。