疾患やお悩みについて

MEDICAL

小脳疾患・小脳障害について

小脳疾患・障害は悪循環に陥りやすい

小脳にダメージが加わり、障害を起こす疾患を総称して「小脳疾患」と言います。
小脳は平衡機能や運動調整機能を司っているため、小脳が障害されるとスムーズに運動することが困難になります。
小脳がダメージを受ける原因は様々ですが、脳卒中・神経疾患・脳腫瘍などが代表的です。その他にアルコールや薬物による中毒、感染による脳炎でも起こすことがあります。

小脳疾患では原因に関わらず以下のような症状がみられます。

  • めまい
  • 吐き気
  • 平衡感覚異常(まっすぐ歩けない、まっすぐ立てない)
  • 片麻痺
  • 物に手が届かない
  • 手の震え
  • 言語障害

このような症状により身体が動かしにくくなることで、外出が億劫になり活動量が低下してしまう方も少なくありません。活動量の低下は廃用症候群を招き、様々な合併症を引き起こしかねません。

小脳疾患・障害にリハビリが効果的な理由

小脳疾患後遺症に対する代表的な治療は以下の3つです。

  • 薬の服用などの内科的治療
  • 外科手術
  • リハビリによる機能改善、悪化予防、運動方法の再獲得

小脳疾患の後遺症はリハビリを行い、筋力をつけることで症状を軽減させることが可能です。リハビリでは専門家による適切な筋力コントロールのもと、歩行訓練やバランス訓練を行います。また、小脳への固有感覚や視覚などの感覚入力を強化する訓練も行います。

具体的なリハビリ内容は以下の通りです。

  • 重錘(じゅうすい)による負荷を利用した運動
  • 弾力帯を装着して行う運動
  • フレンケル体操
  • 固有受容性神経促通法(PNF)
  • リラクセーション
  • 動作の反復練習
  • 中間姿勢の練習

小脳疾患は、運動機能の障害が大きいことから廃用症候群を引き起こしやすい病気です。廃用症候群を予防するために、リハビリの中で筋力を発揮することが必要となります。上記の方法の他、自転車エルゴメーターなどの有酸素運動や、低負荷高頻度の運動が持久力と最大筋力の改善に効果的です。
後遺症が残った場合も、諦めずリハビリを継続し、筋力を落とさないことが症状の改善に大切です。

自費リハビリだからできる小脳疾患・障害の後遺症改善

小脳疾患に対するリハビリでは、適切な筋力を発揮し、動作の反復練習を行うことが大切です。そのためにはできる限りリハビリ回数を多くし、1回のリハビリ時間を十分に確保することが不可欠です。しかし、介護保険を利用した場合、リハビリができる時間が限られており、概ね1回20~40分程度しかないのです。このような短時間では、筋力コントロールを行い、動作を反復して習得するまでたどり着きません。また、他施設では何となく関節をほぐし、筋力トレーニングをするという方法のリハビリがなされている場合がありますが、これでは十分な効果を得ることはできません。当施設では、リハビリの専門家がマンツーマンで90分間のリハビリを行います。時間が十分に取れるため、ご利用者様の状態に合わせて筋力コントロールを行い、動きを滑らかに・強くする訓練を行うことが可能です。また、国家資格を持つリハビリのプロが生活上のお悩みの解決も行います。

小脳疾患・障害の方へ

当施設は「もっと思い通りに動きたい」「もっとリハビリをしたい」と思われる方の気持ちに応えるリハビリを提供します。
いまのリハビリに効果が感じられず「もう治らない」と諦め悩んでいらっしゃる方も、まずはご相談ください。一緒に改善していきましょう。