疾患やお悩みについて

MEDICAL

整形外科疾患(骨折・腰痛疾患)について

骨折の問題は患部だけではありません

「骨折」とは、骨に外的な力が加わり骨が壊れた状態を言います。骨折と言えば、ポッキリと折れてしまうものを想像しがちですが、ヒビが入ったり、骨の一部が欠けてしまった状態、骨が凹んだ状態も骨折と呼びます。健康な人の骨は密度が高く丈夫であるため、事故や激しい転倒など相当大きな力が加わらないと骨折しません。しかし、病気や薬の副作用、加齢などで骨が弱っている状態の人は、少しの力が加わるだけで骨が折れてしまう「病的骨折」を起こします。その他、「疲労骨折」は、スポーツなどで同じ部位に力がかかり続けることでじんわりと骨折してしまうものです。急激な痛みは少なく、長引く痛みで発見されることが多いです。

骨折後はおおむね以下の過程で治癒に向かいますが、この期間は年齢や体力、周囲組織などが影響するため個人差があります。

  • 【第1期】 骨折血種期(負傷後8~10日前後):負傷部位からの出血が止まり、血種が形成されて炎症が起こります。
  • 【第2期】 軟化骨形成期(負傷後10~25日前後):骨折部位の繊維状の柔らかい組織が軟骨程度の硬さへ再生されます。
  • 【第3期】 骨芽細胞増殖期(負傷後20~60日前後):骨のもととなる骨芽細胞が増え、軟骨程度のものから一般的な骨状に変化します。
  • 【第4期】 硬化期(負傷後50日~180日前後):元の骨組織に近い状態まで回復します。
  • 【第5期】 改変期(負傷後4か月~12か月前後):完全な骨に回復します。

このように、骨折が完全に回復するには数か月~1年程度かかります。
骨折の直後は、周囲の筋肉組織が損傷し出血を起こしたり、それによる炎症で痛みも強いため、骨折部位を安静にし、骨を正しい位置に安定させること重要です。
その後の回復により患部を動かすことができるようになりますが、無意識に骨折部位をかばった動きをすることで、姿勢のゆがみや他の部位の痛みを起こす人も少なくありません。整形外科や接骨院・整骨院の治療では、患部へのマッサージや電気治療が主で、姿勢や他の部位は見てもらえないこともあります。骨折への治療やリハビリは、患部だけでなく他の部位や姿勢など身体全体を総合して見ることが大切なのです。

骨折した箇所(患部)以外にも注意することが早期改善へのコツ

骨折に対する代表的な治療は以下の3つです。

  • 外科手術
  • 薬の服用などの内科的治療
  • リハビリによる機能改善、痛みの緩和、姿勢の修正

以前は、ギプスが外れてからリハビリを開始するのが一般的でしたが、近年ではできるだけ早期よりリハビリを開始するようになりました。筋肉や関節を動かさないことで起きる筋肉の萎縮(細くなる)や関節の拘縮(固くなる)を予防するためです。痛みを伴わない部位では、骨折の処置をした直後から開始することが理想的で、痛みが長引く場合でも、適切なリハビリを行うことで改善が見込めます。リハビリ開始時期やリハビリの内容は骨折の状態などにより異なります。必ず専門家の指導のもと行うようにしましょう。

骨折後の具体的なリハビリは以下のものです。

【関節可動域訓練】
痛みのない範囲からゆっくりと関節を動かし、同時に筋肉のマッサージを行い効果を高めます。関節可動域訓練は過度に行うと関節を損傷する恐れがあるため、必ず専門家の指導のもと行いましょう。
【筋力強化練習】
骨折部位を動かさない期間に近位の筋力が低下しないよう、骨折部位の周囲の筋力を強化する練習を行います。骨折部位によりリハビリ内容がことなるため、専門家の指導のもと行いましょう。

自費リハビリだからできる骨折の後遺症改善

骨折へのリハビリとして、患部のマッサージや電気治療が行われることが多いですが、それだけでは姿勢の不良や他の部位の負担により生じた痛みを解消することはできません。骨折に対するリハビリでは、早期より患部だけでなく全身を見ることができる専門家のもとリハビリを行う必要があります。
整形外科や接骨院・整骨院ではリハビリができる時間が限られており、概ね1回20~40分程度しかないのです。このような短時間では身体全体を総合的に見て、十分な運動を行うことはできません。当施設では、リハビリの専門家がマンツーマンで90分間のリハビリを行います。時間が十分に取れるため、しっかりと全身を観察し、状態に合わせたトレーニングを行います。できる限り受傷前の状態に身体を戻すことを目指しています。また、国家資格を持つリハビリのプロが生活上のお悩みも解決も行います。

骨折のお悩みを抱える方へ

当施設は「もっと思い通りに動きたい」「もっとリハビリをしたい」と思われる方の気持ちに応えるリハビリを提供します。
「時間が経てば治る」と安易に受け止めず、まずはご相談ください。一緒に改善していきましょう。

骨折・腰痛疾患について

腰痛による安静は危険

「腰痛」は、国民の約4分の1の人が悩む国民病であると言われるほど、よくある症状です。腰は、身体を支え、日常的に動かすことが多いため痛みが生じやすい部位です。
腰痛があると、動くことが億劫になってしまい活動量が低下してしまう人も少なくありません。活動量が低下すると筋力の低下を招き、腰痛がさらに悪化してしまうという悪循環に陥りかねません。これにより最悪の場合うつ病を引き起こしてしまうこともあります。
腰痛は、悪循環に陥ってしまわない早期のうちに原因を究明し、対処することが大切です。
腰痛の痛みにはいくつかの種類があり、これにより腰痛の原因となっている疾患をある程度特定することが可能です。

腰痛の痛みの種類と腰痛を引き起こす疾患について以下にまとめます。

【腰痛の痛み】
  • 重い物を持った時や腰をひねった時に急に痛みが起きる
  • 腰に重苦しい痛みが続く
  • 腰痛に伴い足がピリピリと痺れる
【腰痛の原因疾患】
  • 急性腰痛症:ぎっくり腰と呼ばれるもので、重い物を持ち上げた時などに突然腰が痛くなります。腰の周りに強い痛みが続き、通常は徐々に落ち着きますが、場合によっては痛みが増悪したり、発熱する場合もあります。
  • 腰椎椎間板ヘルニア:背骨の腰の部分を構成している腰椎の骨と骨の間にある軟骨を椎間板と呼びます。これはクッションの役割をしていますが、この椎間板が正常な位置からズレて脊髄周囲の神経を圧迫することで腰椎椎間板ヘルニアが起こります。腰椎椎間板ヘルニアでは、腰痛やお尻から足にかけての痛み・痺れが生じます。稀に排尿障害や排便障害を引き起こすこともあります。
  • 腰部脊柱管狭窄症:背骨の脊髄が通る空間である脊柱管が狭くなることで、腰痛や足の痛み・痺れを起こします。足の痛みは立位や歩行時に起こり、安静にすると軽減するという特徴があります。
  • 腰部変形性脊椎症:加齢などの原因により椎間板や腰椎が変形する疾患です。初期はほぼ無症状ですが、進行すると神経が圧迫されて腰・背中・足の痛みや痺れを起こします。

腰(患部)だけではなく全身に注目することが早期改善へのコツ

腰痛に対する代表的な治療は以下の3つです。

  • 外科手術
  • 薬の服用などの内科的治療
  • リハビリによる機能改善、痛みの緩和、姿勢の修正

腰痛は痛みによる苦痛や日常生活の不便さが大きく、治りにくいため困っている人が多い症状です。
腰痛は体幹機能に大きく関係しています。患部だけを見るのではなく、全身の筋肉を強化して体幹機能を高めることで改善することが可能です。
専門家によるリハビリプログラムで、原因にへのアプローチを行いましょう。

自費リハビリだからできる腰痛の後遺症改善

腰痛は安静だけでは良くなりません。また、患部のマッサージや電気治療だけでは一時的な効果のみで根本的な治療にはなりません。腰痛に対するリハビリは、患部だけでなく全身を見ることができる専門家のもとで行う必要があります。
整形外科や接骨院・整骨院ではリハビリができる時間が限られており、概ね1回20~40分程度しかないのです。このような短時間では体幹機能を評価し、十分な運動を行うことはできません。当施設では、リハビリの専門家がマンツーマンで90分間のリハビリを行います。時間が十分に取れるため、しっかりと全身を観察し、状態に合わせたトレーニングを行います。できる限り受傷前の状態に身体を戻すことを目指しています。また、国家資格を持つリハビリのプロが生活上のお悩みも解決も行います。

腰痛のお悩みを抱える方へ

当施設は「もっと思い通りに動きたい」「もっとリハビリをしたい」と思われる方の気持ちに応えるリハビリを提供します。
「一生この痛みと付き合っていかないといけないのか」と諦めていませんか?当施設は腰だけでなく、全身を診ることで腰痛を改善し、生活しやすくなるよう努めます。