疾患やお悩みについて

MEDICAL

脳卒中(脳梗塞・脳出血)、くも膜下出血について

脳卒中(脳梗塞・脳出血)に対する理解が改善への第一歩

「脳卒中」とは、何らかの原因で脳に血液が流れなくなり、脳細胞が障害を受けた状態を言います。脳内の血管が詰まることで脳細胞が壊死を起こす「脳梗塞」と、脳の内外の血管が破れ脳細胞が壊死を起こす「頭蓋内出血」に分けられます。
脳梗塞は細かく以下のように分類されます。

  • ラクナ梗塞:脳内の細い動脈が詰まるもの
  • アテローム血栓性梗塞:脳内の大きい動脈が詰まるもの
  • 心原性脳塞栓症:心臓の中にできた血の塊(血栓)が脳まで運ばれ脳の動脈で詰まるもの

頭蓋内出血は大きく分けて2種類に分けられ、脳の中の血管が破れる場合を「脳内出血」、脳の外側の血管が破れる場合を「くも膜下出血」と言います。
現在、脳卒中は日本における死亡原因の第3位になっている、とても多い病気です。近年は、早期発見・早期治療や医療の進歩により命を落とす方は減少しています。また、がんや心臓病の増加のためにグラフ内の順位は下がっていますが、脳卒中を発症する人は決して減少していません。
脳卒中の発症数は年々増加しており、命が助かった場合でも思い後遺症が残ることが多いのが現状です。脳卒中は、寝たきりの原因の約3割を占めているとも言われており、問題視されています。
超高齢社会や食の欧米化による生活習慣病の増加により、今後もの脳卒中は増加することが予測されます。

脳卒中(脳梗塞・脳出血)について

脳卒中には様々な種類がありますが、いずれも脳の細胞が障害を受けることで様々な症状が引き起こされる病気です。
代表的な症状は以下のものです。

  • 頭痛
  • めまい
  • 意識障害
  • 運動障害(片麻痺、四肢失調など)
  • 手足の感覚障害
  • 言語障害(言葉がでにくい、呂律が回らないなど)
  • 視力障害(複視、視野欠損など)
  • 体幹バランス異常(姿勢が保てない)
  • 記憶障害
  • けいれん発作

症状の現れ方は個人差が大きく、身体上は何も異常がなくても言語障害が現れたり、脳障害により性格が変化してしまう場合もあります。
また、脳卒中の症状は病態の種類ではなく、脳の損傷部位により現れ方が大きく変わるという特徴があります。
脳は大きく分けて「大脳」「小脳」「脳幹」に分けられます。
大脳は、人間に必要な感覚、運動、言語、記憶などの機能を司っているため、大脳が障害を受けると運動麻痺、感覚麻痺、言語障害などの症状が起こります。
小脳は、平衡感覚や運動調整の機能を担っているため、小脳が障害されると体幹バランス異常や四肢失調などが起こります。
脳幹は、呼吸や生命活動を司る最も重要な部位であるため、脳幹に障害を受けると呼吸異常や意識障害を起こし、命に関わる場合もあります。
これらの症状はすぐに治るわけではなく、後遺症として付き合っていかなければなりません。これにより日常生活が不便になってしまう方が多くおられます。後遺症は改善・悪化を繰り返します。そのため、その時々で状態に合ったリハビリを行い、杖や装具を調整していく必要があるのです。

脳卒中(脳梗塞・脳出血)にリハビリが効果的な理由

脳卒中の後遺症に対する代表的な治療は以下の3つです。

  • 薬の服用などの内科的治療
  • 外科手術
  • リハビリによる機能改善、悪化予防、運動方法の再獲得

脳卒中の発症直後は状態が安定しないため、安静で治療を受ける必要があります。しかし、状態が落ち着けば安静が解除され、ベッド上で起き上がったり、歩行も許可されるようになるでしょう。安静が解除された場合には、医療者の手を借りながらでも、可能な範囲で積極的に身体を動かすようにしましょう。身体が思うように動かず、安静生活で体力が落ちて疲れやすいこともあり動くことが億劫になりがちですが、億劫だからといって身体を動かさない状態を続けていると廃用症候群を引き起こす恐れがあります。廃用症候群とは、過度の安静により心身の機能が低下してしまうもので、これにより様々な合併症を引き起こすおそれがあります。寝たきりやうつ病を招くこともあります。廃用症候群を予防するためにも積極的に身体を動かすことが必要です。
廃用症候群の予防や身体の機能の改善のため、脳卒中発症後はできる限り早期からリハビリを開始します。退院後もリハビリを継続していくことになりますが、脳卒中の後遺症は多岐にわたり、その時々で状態も変化するため、一人ひとりに合った専門家によるリハビリプログラムが必要なのです。

以下に代表的なリハビリの方法について説明します。

【リラックスポジション(良姿勢保持)】
脳卒中の後遺症で特徴的なものとして「痙縮(けいしゅく)」があります。痙縮とは、身体の一部分に無意識に力が入り筋肉が突っ張ってしまう状態です。痙縮が起きると、足首や足先がピンとまっすぐに伸びた状態や、膝が外側に開いてしまう状態になり、不自然な体位による痛みで心身ともにリラックスできない状態が続きます。また、不自然な姿勢のまま長期間放置してしまうと、関節が固まり「拘縮(こうしゅく)」を引き起こしてしまいます。拘縮を起こしてしまうと、改善することは難しいため、早期から痙縮への対処を行うことが必要です。対処法として、枕やタオルなどを利用し腕や足が自然な姿勢になるように保持する方法などがあります。
【関節可動域訓練】
脳卒中の後遺症により、手足が動きにくい状態になる場合があります。しかし、長期間動かさない状態でいると関節が固まり拘縮を起こします。拘縮を予防するためにも、早期からのリハビリが必要です。リハビリでは、セラピストが関節を動かす他動運動を行います。他動運動では過度に動かしたり、間違った動かし方をすることで重大な事故につながる危険があります。そのため、初期の関節可動域訓練は十分に知識や経験を持つ理学療法士・作業療法士が行うことが望ましいです。
【座る・立つ動作の練習】
脳卒中の発症後は、麻痺や体幹バランス障害によりまっすぐ座ることが困難になります。不安定な座位は転倒する恐れもあり危険です。このような方へのリハビリでは、長時間座位を保つ練習や、座位の状態で身体を動かす練習を行います。
同様の理由で立位が不安定になる方も多いです。立位を安定させるためには、足の力を強化することが大切です。そのため、リハビリではスクワットなどを取り入れてトレーニングを行います。
【歩行練習】
脳卒中の後遺症による麻痺がある方は、麻痺側の足に体重をかけることができなかったり、逆に体重をかけすぎてしまうことにより歩行が安定せず転倒してしまうことがあります。リハビリでは、適度に体重をかける練習を行います。歩行が安定すれば、後ろ歩きや小走りなどの応用も習得できるかもしれません。

自費リハビリだからできる脳卒中(脳梗塞・脳出血)の後遺症改善

脳卒中の後遺症に対するリハビリでは、動きやすい方法を探すことや筋力をつけて身体を強くすることが大切です。これにより麻痺などの症状を抱えていても動作が随分改善し、日常生活が楽になります。そのためにはできる限りリハビリ回数を多くし、1回のリハビリ時間を十分に確保することが不可欠です。しかし、介護保険を利用した場合、リハビリができる時間が限られており、概ね1回20~40分程度しかないのです。このような短時間では動きやすい方法を探し、さらにそれを反復して習得するまでたどり着きません。当施設では、リハビリの専門家がマンツーマンで90分間のリハビリを行います。時間が十分に取れるため、しっかりと身体を動かしやすい状態にしてから筋肉を使うということを徹底しています。また、国家資格を持つリハビリのプロが状態に合わせた装具や杖の調整、生活上のお悩みも解決も行います。

脳卒中(脳梗塞・脳出血)の方へ

当施設は「もっと思い通りに動きたい」「もっとリハビリをしたい」

と思われる方の気持ちに応えるリハビリを提供します。
いまのリハビリに効果が感じられず「麻痺は治らない」と諦め悩んでいらっしゃる方も、まずはご相談ください。一緒に改善していきましょう。