私たちのリハビリビジョン

VISION

「治したい」に応えたい理学療法士・作業療法士が一丸となってリハビリを行います。
目標達成に向けて、一緒に改善を目指しましょう!

当施設は「あきらめないリハビリ」をモットーにしています。脳卒中の後遺症など悩みを持つご利用者様やそのご家族に寄り添い、再びその方の持つ能力を取り戻し、できる限り不自由のない生活を送れるようにするため、改善に向けたリハビリで支援します。

理学療法士による施術

理学療法士による施術
理学療法士(PT=Physical therapist)は、国家資格であり、身体に障害や病気のある方に対して、日常生活動作の改善や維持・増強を支援する専門職です。主に寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行などの大まかな基本的な動作を担当します。
リハビリは運動療法と物理療法に分かれ、運動療法では身体を動かすトレーニングや機能訓練により機能の回復や筋力の増強を図ります。物理療法では電気刺激や温熱療法などの機械を用いて痛みなどを軽減させるリハビリを行います。
理学療法士による施術
また、専門知識を生かし、手すりの設置など住環境へのアドバイスも行います。
近年では、より早期からリハビリを開始することで、より効果的な回復が見込めると言われており、状態が落ち着けばベッド上でも、心電図や酸素、点滴を付けた状態でもリハビリを行います。
理学療法士の活躍は病院や施設だけではなく、訪問リハビリテーションにも広がっています。さらに、医療・福祉分野だけではなく、スポーツ界でも活躍する理学療法士が増えています。プロサッカー選手や野球選手などに専属で付き、パフォーマンス向上に関わる仕事を担っています。日本ではまだ認知度が低いですが、世界では重要な職業として重宝されています。

作業療法士による施術

作業療法士による施術
作業療法士(OT=Occupational therapist)も、国家資格であり、心身に障害や病気のある方がより良く日常生活や社会生活が送れるようサポートする専門職です。
大まかで基本的な動作を専門とする理学療法士に対し、作業療法士は日常生活で必要な応用作業(食事をとる、顔を洗う)や細かい作業(文字を書くなど)を中心にリハビリを行います。仕事や家事などの社会復帰に必要な動作の改善も作業療法士の大切な役割の一つです。日常生活に必要な動作だけではなく、趣味や生きがいへのサポートも担い、これらがリハビリを行う方々の日々の活力にもつながっています。
作業療法士による施術
作業療法士によるリハビリでは、運動などによるトレーニングや機能訓練だけではなく、身体を動かしながら楽しむレクリエーションや軽作業などを通して身体と心の状態を改善させていきます。身体に障害のある人だけではなく、精神障害のある方に対しても作業療法士によるリハビリが行われるのはこのためです。
作業療法士の活躍の場も、医療・福祉分野から教育機関など多岐にわたり、年々活躍の場が広がっています。
作業療法士はリハビリの現場だけではなく、社会にとっても欠かすことができない職業の一つになっています。

医師の推薦

取締役医師 小野間 優介

小野間 優介

M&メディカルリハ取締役医師

医療法人社団健正会 茎崎アオイ病院/総合診療科

「リハビリ難民」という言葉をご存知でしょうか?
日々ニュースや新聞で医療費・介護給付費の増加が取り上げられています。このような中、ご病気によってリハビリを続けたくても保険を使用した中では時間・回数に制限があり、「満足できるリハビリが受けられない」と思う方が全国で増えています。地域によっては専門家によるリハビリ自体が受けられないこともあります。これが「リハビリ難民」といわれる問題です。
2019年現在では100人に1人が脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)になっています。特に30代や40代で発症してしまう方も増えています。仕事復帰や社会復帰を考えた時にリハビリが受けられる環境にないことは非常に辛いことだと思います。

「私達、脳梗塞メディカルリハでは、医師が監修し、方針の決定にも関与したリハビリを提供しています。PNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation、固有受容性神経筋促通法)という専門的な知識・技術を持った理学療法士が担当し、日々利用者様の身体・生活の課題に向き合っています。 イーアスつくば店、柏店に次ぐ3号店が水戸店です。皆様に満足いただけるリハビリを提供いたします。

理学療法士 教育学修士 松田 現

松田 現

理学療法士 教育学修士

国際PNF協会認定アドバンスインストラクター

保険制度による制限によって、対象となる方のリハビリニーズが叶えられていない現状があります。
そのような場合、保険ではない“自費サービス”は時間・回数の制限がなく納得するまで取り組むことができる新しい選択肢だといえます。
“自費サービス”を提供する民間企業のリハビリサービスが増加していくことに懸念されることは内容や提供のレベルの問題です。
この施設では、“自費サービス”を選択して良かったという満足度を得られるかと思います。
そのくらい熱心に取り組みをされていますし、今後も応援していきます。

筑波大学医師 宮川 俊平

宮川 俊平

筑波大学医師

運動器の障害のリハビリテーションは継続が大事です。障害発生後復帰に向けたリハビリテーションが始まりますが、退院後においても入院中に行っていたリハビリテーションによって回復した運動機能を維持あるいは向上させていくためにはリハビリテーションを続けていく必要があります。退院されるとリハビリテーションに十分な時間がとれないことが多いと思いますが、このようなプログラムを提供することによって病院で回復した運動機能をさらに向上させる可能を持っているのがこの施設の機能かと思います。

リハビリの効果を最大限引き出すために ~脳・神経へのアプローチ~

脳の負担にならない動き方を習得すること

リハビリの様子

人の身体は、脳からの信号を筋肉や骨がキャッチすることで動きます。病気により脳の働きが低下してしまうと、信号を出している脳に疲労が生じてしまいます。筋肉や体力をつけることである程度補うことはできますが、それは根本的な解決にはなりません。脳への負担を減らすためには、脳に負担をかけずに身体を動かす方法を習得することが必要です。
当施設では、この方法により機能の改善を行っています。専門家が監修するリハビリであるため、効果には自信があり、安心して受けていただけます。

リハビリと専用機器による身体の内外からのアプローチ

スリングセラピー

私たちは、脳に負担をかけない動作のためには、専門家によるリハビリに加え専用の機器による身体の内外からのアプローチが必要であると考えています。
その方法として、障害を受けた脳からの途切れた指令を電気機器で代替えさせ、脳以下の脊髄での動きはニューステップにより学習させます。このように脳からの刺激を自動化することで脳を疲れさせずに身体を動かすことを目指します。
また、当施設ではスリングセラピーベッドも導入し、リハビリをより効果的に行えるようサポートしています。
このように、麻痺した身体を楽に動かし、疲れにくい身体になることを目指しリハビリを行っています。
ぜひ一度効果を実感してみてください。

お約束

ご利用者様の身体の状態や体調などによりリハビリでの負荷が異なります。ご利用者様の状態に合わせ、理学療法士・作業療法士がカスタマイズしますので、事前にお伝えください。

【電気刺激】【有酸素運動】【荷重調整】の組み合わせで
最大限の効果を引き出します。

HVMCデルタ(複合電気治療器)

HVMCデルタ(複合電気治療器)

  • 疼痛の軽減 血流量の増大 皮膚症瘍の治癒促進
  • 運動・浮腫の改善 筋力増強
  • 筋肉痛の軽減 炎症の抑制
  • 全身の細胞活性化

HVMCデルタとは、低周波治療器のひとつです。低周波による電気刺激により筋肉を収縮・弛緩させ血行促進に働きます。リハビリと組み合わせることで脳と筋肉の働きを活性化することが可能です。

【HVハイボルテージ】
ハイボルテージは、特殊な電気波形により皮膚抵抗を無くすことで、電気刺激を深層部まで到達させます。そのため、電気独特の痛みがなく、疼痛の軽減や血行促進を行うことが可能です。疼痛抑制効果が高く期待できるため、近年では医療機関やスポーツ界で多く利用されるようになりました。 さらに、NEMSモード(神経電気刺激)を使用することにより、脳卒中による麻痺の運動や浮腫の改善、筋力増強に効果が期待できます。また、2チャンネルの電極を使用し交互通電することで筋ポンプ作用を促し、麻痺や不動による循環低下を改善することが可能です。
【MCマイクロカレント】
マイクロカレントとは、極めて弱い微動電流のことで、これを通電させることによりホメオスタシス(生体恒常性)を調整し、細胞レベルで代謝を活性化させ、組織の治癒促進を行うことができます。 神経や筋肉を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減や、炎症の抑制に効果があります。
スリングセラピー

スリングセラピー

  • 第三の手
  • 安心
  • 緊張緩和
  • 自重コントロール

スリングセラピーとは、専用の器具で身体の一部を吊るした状態でリハビリを行うものです。
器具が第三の手となり治療部位を支えることで、ルーズパックポジション(関節が緩む肢位)を作ることができます。これにより筋肉や靭帯が緩んでいる状態になるため、的確なアプローチを行うことが可能です。施術者の手が塞がることがないため、運動のバリエーションも増やすことができます。
さらに、電気刺激やストレッチと組み合わせることで相乗効果が期待できます。

ニューステップ

ニューステップ

  • まひ対応
  • 有酸素運動
  • 無酸素運動
  • 全年齢対応

ニューステップとは、負荷を調整しながら全身の有酸素運動と無酸素運動を安全に行える機器です。回転式のシートを備えており、どなたでも簡単に乗り降りが可能です。運動中は心拍数をはじめ歩行速度や消費カロリー、歩数、運動負荷、運動時間などの様々なデータが表示されるため、モチベーションを上げながら安全で効果的な運動を行うことができます。
アメリカなどでは既に効果が認められ、著名な総合病院やリハビリ施設で多数使用されています。

おすすめ記事
2019.11.17 お知らせ
症状の改善事例~その1~ リハビリを担当したご利用者様から感謝の声を頂きましたので紹介させていただきます。N・Hさんは約3年前に右の脳梗塞を発症し、左半身の運動麻痺が後遺症として残ってしまいました。まず、脳卒中の特徴的な症状を紹介します。運動麻痺になった半身の筋肉が、意思とは関係なく強張り、手足が突っ張ってしまう事で動作が円滑に行えなくなってしまい、日常生活に支障をきたす大きな原因の1つとなります。脳卒中後遺症のお悩みポイントとして、こういった強張り感や突っ張り感は数多くのお客様から聞かれています。こちらの利用者様も手足の筋肉が突っ張り、特に「足の指先が握ったまま伸びない」との訴えが頻回に聞かれていました。それにより、歩きの場面で足が地面に擦ってしまい、引っかかり易く歩きにくいという訴えがありました。また、この後遺症によって足が躓き手首を骨折してしまった経緯もあります。足首や指先に余分な力が入る事で足裏の接地する面が不安定となり、その不安定さから身体を支えきれずにバランスを崩してしまったり、その恐怖心からも更に指先の握り込む力が助長され、ますますアンバランスになってしまうといった悪循環のサイクルが見られます。リハビリではまず、指先を握りこませる筋肉(下腿三頭筋)が硬くなっていた為、その筋肉をほぐし、緊張を和らげてつま先を上げやすい状況を作りました。その後、皮膚から地面に足がついている感覚が入り易いように、足の裏全体で体重が分散し接地し易いように『感覚アプローチ』を重点的に実施させて頂きました。足の裏には、感覚のセンサーが多く存在していると言われています。その足の裏からの情報を脳に信号として送り、それがバランスの制御につながります。リハビリを実施した後、以下の様に歩容に変化が見られました。結果、躓きが減り歩くスピードが速くなり、3m歩行テストの際の秒数も7.9秒→7.0秒に短縮しました。歩幅も14歩→12歩に減少し、歩幅が大きくなっている事が分かります。「段差を上っても引っかかる感じが減りました」「腕が軽くなって良く振れるようになってきました」「靴下を立って履けるようになりました」と歩行以外でも感謝のお言葉を頂いております。【改善写真】① 改善後は左右の足の間隔(歩隔)が狭くなり、右の麻痺ではない方の 足が真っすぐ前に振り出るようになる。② 左の足首が内側を向いていたのが、前を向いて振り出されるようになる。  左の肩関節の高さが左右対称となる。このように、3年前の脳梗塞でも身体機能を改善させる事は可能です。リハビリがしたくても満足のいくリハビリが出来ない方がいらっしゃいましたら、連絡お待ちしております。施設内見学や無料体験も行っておりますので、ご遠慮なくお電話頂ければと思います。スタッフ一同心よりご来院お待ちしております。
2019.11.05 当院の特徴
当院でのリハビリ風景 その1 歩行練習風景の動画はココをタップ☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝最近は寒さが本格的になってきましたね。インフルエンザや風邪には十分にご注意ください。こんにちは、脳梗塞メディカルリハ水戸店院長の小久保です。本日は歩行練習のリハビリを紹介したいと思います。当院には歩く事が難しく、車いすを押してもらいご来院される方もいらっしゃいます。今回、リハビリしている方は現在は寝返りに介助が必要な状態で、背もたれが無いと1人では座っている事が難しい方です。しかし、基本動作の獲得や歩行の獲得に向けて、ご家族様と協力しながら一生懸命にリハビリに取り組んでいます。今回はこの方の歩行練習の風景をご覧いただきたいと思います。普段は両方の足にプラスチックの短下肢装具という歩行補助具を着用しています。週に5回のショートステイを利用されていますが、そこでは立位練習までしか行えていないのが現状です。動画ではお客様の体が重力に負けて曲がらない様に後方からがっちりと両腕で支えている風景になります。足が前に振り出し易いように、上に持ち上げるのは勿論左右へ重心を誘導もサポートしています。また、それでも足が躓いてしまった時は、後方から前に足を蹴り出し、前に送り出すダイレクトの歩行もサポートもしています。その為、自分で足が前に振り出せなくても大丈夫です!最初は5mの距離を3回歩く練習をしていたのですが、徐々に体力がアップしてきた為、現在は、90分のリハビリの中で6回に増やしリハビリを進めています。歩けないと諦めないでください。後方から支え歩ける様に全力でサポートさせて頂きます。実際に歩く練習をする事で、歩く感覚を思い出してもらい。歩いていた時の喜びを全身で感じてもらう事が出来ます。また、全身の筋肉を使う事で全ての基礎ステータスもアップしていきます。その為、歩く練習は寝返りや起き上がりや座っている事等の全ての基本的な動作においても能力の向上をもたらします。歩きたいのにリハビリの環境がない。リハビリの環境はあるが介助量が重くて歩く練習が出来ない。最近は車いすに座ったままで歩く事を忘れてしまった。そんな方は必見です!!どんなに歩行練習の介助量が重くても歩く練習も全力でサポートさせて頂きます。歩ける様になりたい方がおりましたら、施設内見学や無料体験も行っておりますので、ご遠慮なくお電話頂ければと思います。スタッフ一同心よりご来院お待ちしております。
2019.10.19 お知らせ
当院スタッフ紹介 皆様こんにちは。最近は肌寒くなってきましたが如何お過ごしでしょうか?初めまして脳梗塞メディカルリハ水戸店メディカルコンシェルジュの高野 果歩(たかの かほ)と申します。つくば店、柏店に次いで、ついに2019年10月1日に水戸市にも3店舗目がオープン致しました。半月程ではありますが、少しずつ相談のお電話が増えており、見学や体験にも多くの方にお越し頂いております。私も以前、小久保院長のように理学療法士を目指していました。しかし、膝の怪我が原因で実習等が厳しくなり、その夢を諦めました。夢であった理学療法士としてではありませんが、メディカルコンシェルジュとして、お客様やスタッフのサポートをする事となりました。間接的ではありますが、後遺症等で困っている方のお役に立つ事が出来るようになりましたので、全力でサポートさせていただきたいと思っております。「もう昔の病気だから」と諦めないでください!諦めなければ夢は叶います!相談や体験だけでもいいので是非当院にお越しください。スタッフ一同、皆様のお力になりたいと思っております。※ご予約やご相談等、何か気になることがありましたらいつでもお気軽に電話やメールにてお問い合わせください。